学校の授業と受験勉強

「学校の授業と中学入試勉強は別物」「宿題なんか後回しで受験勉強を優先しなさい」といったご両親の言葉に疑問を抱き戸惑う子供達が、潜在的に少なくありません。皆さんは無意識にあるいは信念を持って、お子様に同様の発言をされていませんか?

当日の入試問題で高得点を得る事「だけ」に着地点を見据えた中学受験の勉強を優先するのであれば、この発言に繋がるのも当然でしょう。乱暴な言葉を用いれば「一発勝負」の入試ですから、高等点を得るテクニックも見過ごせず、過去問題などから分析し、完璧に抑えておくべき出題範囲の想定も不可欠です。本格的に受験勉強をスタートさせる前から、小学校内でトップクラスの成績を自力で弾き出していたお子様であれば、尚更受験勉強集中にご両親の意識が向くかと思います。

小学校の授業は義務教育の範疇ですが、この義務教育とは「社会が子供達に必要な学力知識を与える義務が有る教育」の意味であり、子供達には教育を受ける「権利」が存在しています。小学校の授業を先生や級友と一緒に楽しむ「権利」を、ご両親が強引に奪ってはなりません。熱心さのあまり我が子を「受験マシーン」に育ててしまっては、あまりに残念過ぎる事を、頭の片隅に忘れないでください。