志望校はいつ決める?

中学受験なるお子様が主人公のご家族の一大イベントを冷静に検証する時、志望校の決定権は「ご両親が握って居られる」と言って間違いありません。小学生のお子様には潜在的に「自分は他の旧友達とは違う道を歩まねばならない」との意識は通常見当たらず、中学受験に挑むという選択そのものが、ご両親の「希望」に他なりません。

具体的に中学受験を視野に入れる時期にもよりますが、当然明確に第一志望校を見据えた中長期的な学習計画とライフプランの構築が不可欠ですし、お子様の理解と納得も絶対条件です。そこで問題となって来るのが「いつ志望校を見定めるのか」という「時期」ですが、これに関してはさまざまな意見が見られます。少しでも早い時期から「○○中合格」と明確なゴールを見据える事で、家族が一丸となって中学受験に挑めるとの考えもあれば、一方で「先ずは着実な学力アップを為し得つつ、ギリギリの時点で最も偏差値の高い中学に出願すれば良い」との考え方もまた、説得力十分です。

中学受験を早い時期から決意されたご両親の場合、やはり「是が非でも我が子には○○中学に進学してもらいたい」と切望する、何らかの理由を抱いておられる事でしょう。注意すべき事として、それが「親から子への一方的な押し付け」とならない事を挙げておきます。志望校の決定時期はご家族毎に違って当然ですので、無意味に焦ってはなりません。