中学年の中学受験対策

リアルタイムで小学校中学年のお子様の中学受験と対峙されている方、あるいは経験をお持ちであれば、その学習内容のレベルの高さに必ず1度は驚かれている事でしょう。「えっ!?小学校3年生の中学受験対策って、こんなに難しいの!?」と無理矢理顔面の筋肉総動員で苦笑いされつつ、ご自身の同一学年時代を思い出し、複雑な気持ちになられる方も数え切れません。

お子様が通学されている小学校では、特にこの時期個人個人の学力格差が一気に露呈します。既に幼稚園時代から自分の名前は当然漢字で綴る事が出来、学校で習う前に九九や割り算などを先取りで自然に理解する子供達の一方、先生が学力指導に頭を悩ませるマイペース派の生徒やご両親が混在しています。

お子様にとっては成績の優劣に関係無く、小学校生活を通じて構築した子供社会の人間関係は何より大切ですが、中学受験を見据える我が子の交友関係に対し、神経質になってしまうのも親心でしょう。「友達を選ぶ」という表現と行為は非常に繊細な問題を含んでいますが、時にお子様が気づかぬような大人の配慮で、そうしたコントロールが必要となるケースも想定出来ます。この時期が中学受験を見据えられたご両親にとって、最も難しい時期で在るとの見解には説得力十分です。お1人で抱え込まず、パートナーや信頼出来る人達への相談を躊躇しない姿勢も大切です。