お子様にも選択権を

とりわけ中学受験を、小学校入学直後あるいは更にその前の時期から視野に入れておられたご両親に、時折見られる「好ましくない傾向」を、ぜひ皆さんには踏まえておいて頂ければと思います。お察しの通りそれが「お子様不在で物事を進め続けてしまう」すなわち「ご両親のフライング」に他なりません。

確かに小学校低学年の児童からすれば「中学受験?何それ?」で当然です。ある程度有無を言わせず疑問を抱かせぬ環境を整え、上手に志望校合格を目指すレールに乗っけてあげるのもご両親の役割です。ですがこの場面で我が子に「アナタは他の子供達と違って成績優秀だから、中学は○○に進学するんだ」的な表現をうっかり用いてしまったら、果たしてどんなリスクが懸念されるでしょうか?予備知識が不十分なお子様が誤解したり、ご両親の発言をそのまま公言して仲間関係が微妙になるなど、悪意が存在しない残念な展開となる可能性が否定出来ないのです。

ご両親だけで決めた中学受験に関する諸々は、仮にお子様が本当の意味を理解出来ずとも、やさしく噛み砕いて伝えてあげる事を忘れないでください。そしてお子様が何か言いたそうであれば、しっかりと「何を訴えているのか」を正しく受け止めてあげてください。幼いとは言えどお子様自身の人生であり、本人の選択権や意向を全て無視するのは、親子関係以前に人間関係として「アウト」です。