地元公立中ではダメ?

中学受験にご両親が力を注がれる最大の理由、それはお子様の将来を思えばこそに他なりません。少しでも高い学力を備え、優秀な高校から大学を卒業して実社会に羽ばたかせてあげる、そんな願いあればこそ、家族が一丸となってバックアップ出来るのですが、時に大切なポイントがお留守になってしまい、親子間がギクシャクしてしまう残念な事例が見られています。他ならぬお子様の気持ちが置き去りにされたまま、ご両親がどんどん中学受験に傾倒してしまい、結果お子様の心に重く暗い影を落としてしまうのです。

小学生のお子様も当然、より優秀な成績に憧れ、成績上位者ならではの優越感と満足感が、より勉強に励む上での重要な原動力となっている事を、難しい理屈は抜きで感覚的に知っています。ですが大好きな友人達と別に、地元以外の中学に1人進学するレールが一方的に敷かれたとなれば、心中穏やかで無くて当然です。それが大人の目から見た時には「ベストなレール」であったとしても、当事者にとっては大人の勝手な都合に過ぎません。

「みんなと一緒の地元の中学に行きたい」とお子様が訴えて来た時、あるいはそうした仄めかしに気づかれた時には、頭ごなしに中学入試をおしつけるのではなく、まずはしっかりとお子様の気持ちを傾聴してあげてください。出願時期までにはまだまだ時間は十分ある事を忘れてはなりません。